クラウド技術によって医療サービスの向上・業務の効率化を目指すことが出来ます。

医療界における応用

医療業界イメージ

医療業は第4次産業革命が始まる前からクラウドとIT技術の活用が進んでいて、代表的なサービスの一つが電子カルテです。
ほかにも、クリニックにおけるWeb予約サービスが普及したり、地域診療の連携、患者の遠隔監視システムなどがあります。
医療技術の向上に加えて、効率化によって手軽に医療サービスを受けられる環境に変化してきました。

 

 

電子カルテで何が変わった

電子カルテは1999年に認められて、現在は国策で普及させる取り組みが行われています。
名前の通り、アナログのファイルなどで管理していた患者のカルテを電子管理するもので、以下のメリットがあります。

 

  • 再診時に患者のカルテをスピーディーに抽出して待ち時間の減少に貢献
  • 保険請求を行うレセプト業務の効率化
  • 個人情報の保護などセキュリティ体制の強化

 

電子カルテはセキュリティが最重視されるので、クラウド管理ではなく、専用の通信環境とオフラインを組み合わせたものになっています。
データは停電や通信障害が起こった時でも利用できるようにコンピューター保管するのが原則ですが、少ないデータ容量で保管できるようなシステムをクラウドを含めて提供しています。

 

使い方の説明は、電子カルテメーカーに遠隔操作でレクチャーを受けられるサービスも用意されていて、電子カルテが登場した当初よりも低コストで高品質のシステムを導入できるように変化しました。

 

 

クリニックで当たり前になったWeb予約システム

ウェブ予約イメージ

クリニックに受診しに行くと数時間待たされた経験を持っている方は多いはずです。
Web予約システムは、初診時には使えませんが2回目以降の診察でWeb予約をして、常にネット上で待ち時間と残り人数を確認できるものです。

 

Web予約システムの普及によって少ない待ち時間で受診できるようになりました。
家の近くのクリニックなら、残り人数の進み方を見て家を出発することができ、待合室で長時間待つのが苦手な子供も、近隣の施設や車の中で待つことが可能になります。

 

Web予約システムは、クリニックの予約番号発行システムや、パソコンと連動させてスタッフが少ない負担で随時進捗情報を更新できます。
幅広いシステムと連携して、ネット上で予約管理をできるのはクリニックと患者の双方にメリットがあることで、郊外の小規模クリニックを含めて普及しています。

 

 

医療の品質が向上した

クラウド技術やインターネットの応用にて、街の医療が連携したり監視が必要な患者の在宅医療をサポートしています。
メディカルオンライン: 医学文献検索サービスを使えば、従来は書類を掘り起こしていた論文の検索作業が全てネット上で完結できるようになるので、症例の少ない患者の治療法を医師が探すための労力が緩和されました。

 

医療によるIT革命では、医師の経験や技量に関係なく安定した医療サービスを提供できる環境が整備され、在宅医療に移行するハードルが下がるなど、あらゆる面で医療の品質向上に貢献しています。