総務省は教育現場のクラウド化で「4S」のメリットがあるとアピールしています。

クラウド化で変わる教育現場

女子中学生イメージ

教育現場でのクラウド化は総務省の推進する国策にもなっています。
総務省はクラウド化で「4S」のメリットが生まれることをアピールしています。

 

教育現場でのクラウド化における4S
  • Seamless 家庭・学校・地域で切れ目なく学ぶことができる
  • Secure データを安全・安心に保管・利用することができる
  • Scalable システムの利用量に柔軟に対応できる
  • Savable コストを抑えることができる

 

参考元:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000117.html

 

 

教育現場に求められているもの

子供の学力向上はもちろん、教職員の負担低減も大きな課題になっています。
クラウド化によって教職員が利用する「校務系システム」と、児童生徒が利用する「授業・学習系システム」を連携させる、「スマートスクール・プラットフォーム」の標準化を取り組んでいます。

 

教育は、環境によって子供の学力が変化します。
教師の技量向上も必要不可欠ですが、全国全てで同じ環境を用意することはできません。

 

多くの生徒に対してレべルに合わせた最適な教育を実践するには教職員の負担が大きいです。
クラウド化によって、教師が校務システムで効率化を行い、子供が授業や学習システムをクラウドから利用できるようになれば双方がメリットを得られます。

 

 

変化している在宅学習の形

在宅学習

在宅学習で従来から有名だったのは小中学生が行う進研ゼミなどの通信教育と、中高生が利用する家庭教師です。
どちらも高額な費用がかかり親の負担が大きくなっていました。
通信教育は塾や公文に比べて安価ですが、子供のやる気やモチベーションがないと成立しないですし、理解力が乏しいと成長が止まってしまいます。

 

在宅学習は、パソコンやタブレットを使った電子教育や、動画配信サービスを使ったオンライン授業が普及しています。
一部では、オンライン教育を受けることで単位を取得できる通信学校も登場しています。

 

クラウド化によって、評判のよい教師がいる学校や塾に通える環境がなくても、子供が平等に学力アップをできる環境に変わってきました。

 

国策として教育機関のクラウド化が推進されているので、近い将来には公立学校の生徒も自宅からオンライン教育で予習・復習をしたり宿題をこなす時代に変わっていくかもしれません。
教師はクラウドによる校務システムを活用することで、テストの作成、採点の業務負担が軽減され、教育者の技量が与える子供の学力差が軽減される期待があります。

 

 

塾がなくなる可能性

現代において、子供を少しでもいい学校へ進学させるには塾が必要不可欠なものになっています。
都心部では高校や大学受験を控える受験生に対して塾、予備校、家庭教師など何かしらの環境を与えるのが当たり前になっていて、塾に通わない行為が世間から偏見の目で見られてしまう状況です。
金銭的負担はもちろん、学校や部活が終わってから塾に通うようになれば、夜遅い時間まで塾で授業を受けることになります。

 

塾に通って学力向上をしてもらいたいけど、夜道に塾から帰宅させることや、睡眠不足になってしまうことを懸念している親御さんも多いです。
在宅でクラウド教材を使って勉強できる環境が広まれば、塾に通う必要がなくなり、通塾時間削減による効率化や安全性が高まる効果も得られます。

 

教育現場はクラウド化によって勉強方法や教育系サービスの根本が変わって塾に通うのが珍しいことに変化するかもしれません。